まちづくりブランディングプロジェクト

誇りをもって、自慢したくなるまちへ

まちづくりにおける、ブランドの創出とは、単なる、ロゴデザインやイメージづくりの話ではありません。

今あるもの、地元に古くから続くものの価値を再定義して「ブランド化」を行い、戦略的な発信を続けることで「魅力を可視化できるまち」「稼げるまち」への変革が可能になります。これは、Uターン、Iターン双方にとって、また、地元住民にとっても、住み続けたいまちの魅力創造そのものです。

このような「まちづくりのブランド化」は、差別化(戦略)→ 起点定義(ブランドDNA)→ 方向性(ディレクション)→ 持続継続化(デザインシステム &ブランドデザインガイドライン化)と手順を踏んで行われることにより、ありとあらゆるメディアにおいて、表現統一が可能になります。また、これにより、地域ブランドの認知度・想起度・人気度のアップはもちろん、さまざまな「情報プラッフォーム」を強化。

また、これらの「ブランドイメージ」を見に纏った魅力あふれるオリジナルグッズの販売や、カフェ事業&イベント事業においても、収益性の高い事業へと、転換が可能になります。

これらのブランドデザインを、さらに、観光キャンペーンやシティプロモーションにも一貫性をもって継続的に使用することで、各現場の効率化とブランド力強化を同時に行い、プロジェクトの発展や飛躍にも大きく貢献しています。

町のブランド化とデザインシステムの所有は、ICT活用促進を後押しする「デジタル施作」、例えば、「デジタルサイネージ導入」などを、強力に支援するものです。

 

 

一般社団法人社会技術情報デザイン研究所

JUSTIDA(ジャスティーダ)は、これからの商業・生活・国際関係など多岐にわたるデザインの有用性を研究し、見極め、実証していくことを目的に、デザインに関わる各分野の専門家により共創されたシンクタンクです。

詳しく