適用分野

社会の今と未来を見つめる、デザインの“ものさし”―。

情報が溢れる今、社会の課題や期待に対し、デザインの観点で理解し答えをもとめることが、多くの分野で必要とされています。私たちは無意識に得る情報からより強く影響を受けていて、その仕組みは良くも悪くも、常に必然性を伴い社会に作用しています。

JASTIDAは、デザインの“ものさし”でこの仕組みを探求し、分野を超え専門家が共に設計していくことで、より豊かな社会を目指します。

今と未来を見つめる
適用分野
生活・福祉

生活者の視点にたち、輝く社会の未来のために

情報発信

情報構造を味方にし、資産となる情報戦略を

産業

ニーズを満たし、価値をもたらすソリューションへ

まちづくり

住みやすさ、働きやすさを拓くコミュニティーの発展へ

教育

科学と文化、技能と才能を育む豊かな環境へ

一般社団法人社会技術情報デザイン研究所

JUSTIDA(ジャスティーダ)は、これからの商業・生活・国際関係など多岐にわたるデザインの有用性を研究し、見極め、実証していくことを目的に、デザインに関わる各分野の専門家により共創されたシンクタンクです。

詳しく